ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

6w5d 悲しい結末

年末からの茶オリが鮮血に変わり、1月3日に大量出血。「胎嚢」と思われるものも出てきてしまいました。

病院に電話したところ「当初の予定通り4日に来てください」との事だった為、昨日病院へ行き2度目の「流産」宣告を受けました。

妊娠がわかったときから不安でいっぱいだった。HCGが低い、胎嚢が小さい、つわりらしきものが途中でなくなった等々。
それでも「今回こそはお母さんになるんだ!」と自分を奮い立たせ、毎日お腹に手を当てて「大丈夫、大丈夫。頑張ろうね」と声をかけていました。

2回連続の流産。悲しくて悔しくてどうしようもなく、家で1人、大声で泣きました。
泣いて泣いて泣きまくりました。


散々泣いたら少しスッキリ。


心身ともに完全に立ち直るにはまだ時間がかかりそうだけど、落ち込んでいる暇はない。下ではなく前を向いてやれることをやっていくことしか今の私に出来ることはない。

自分もすごく悲しいのに側で優しく寄り添ってくれる旦那さんや、心から心配してくれる家族や親友の為にも、私は絶対にお母さんになると決めたのです。

きっと「今」ではなかったのだ、また必ず戻ってきてくれると信じて。
広告を非表示にする