読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

杉山産婦人科 判定日

昨日は凍結2段階移植の判定日でした。

 

今回は卵のグレードもあまりよくなく、11回目の移植ということもありなんだかちょっと諦めモードというか、そこまで期待をしない様にしていた為、初めて自己検査(フライング)をしないで病院へ。

 

特にこれといった体調の変化もなく、しいて言えば足の付け根がだるい感じがする(でも気のせい?というレベル)位だったので特に緊張もせず血液検査を受け、1時間後部屋に呼ばれて入っていった。

 

今回は女性のK山先生を指名しました。部屋に入るとすぐに

 

「妊娠してますよ!おめでとうございます」と、

 

一瞬頭が真っ白になり「え?本当ですか?え?」とパニック状態(笑)

 

本当に全く想定してなくて、待ってる間も次は漢方&タイミングかAIHにするか先生に相談しないとなぁなんて考えていた位、、、

 

嬉しさと同時に前回の流産が頭をよぎり不安な気持ちが押し寄せる。

HCG値が42.3というのが見えて、何となく低い気がしたので先生に「ホルモン値低くないですか?」と聞くと「このタイミングでこれ位だったら大丈夫よ〜」とさらっと答えてくれ胸をなでおろす。

 

「とりあえず今日は黄体ホルモンの注射をして、追加の薬をもらって1週間後再度診察ね!」という話をされ退出。最後に手渡された紙には「分娩予定日2016年8月25日」という記載が(涙)

嬉しくて嬉しくて半べそをかきながら退出。

 

注射を待っている間、ついいつもの癖でHCG値を入れて検索してしまい「やっぱり低いんだ、、、」と不安に襲われる。

「先生は大丈夫って言ってたし、、、でもそれは不安にさせない様に言ってくれたのかな」とぐるぐる、、、

 

でも、もう無駄に心配するのと検索するのは辞めました!!!!

だってただ不安になるだけで結果は変わらないから。

 

今はまずこの結果を喜んで、冷やさない様になるべく安静に過ごすことを心がけます。

それが今の私に出来る事。

 

前回の流産の事があるので、とりあえずお姉ちゃんと旦那さんにだけ報告。

お姉ちゃんは泣いて喜んでくれました(笑)旦那さんも「まだこれからどうなるか分からないから喜びすぎはいけないけど、でも本当によく頑張ったね」とすごく嬉しそうでした。

 

胎嚢、胎芽、心拍確認とまだまだ超えないといけない壁は沢山あって安心は出来ないけどとりあえずは良かった、、、

心拍確認出来てからブログに書こうか迷ったけど、ここは自分の素直な気持ちや出来事を書き込む為に作った場所なので記録しておくことにしました。

 

今日の夜からやたら頻尿になり眠りが浅い。まだ興奮状態なのかな(笑)