読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

IVF3周期③ 採卵

今日は採卵の日でした。

朝1での採卵。会社は念の為午前休をいただきました。

病院に着いて支度を済ませて待機。名前が呼ばれて採卵室へ。
無麻酔なので、おしりに痛み止めを入れられて採卵開始。今回は数も多かったからか、結構痛かったかな…。

でも先生が緊張を和らげようと色々話しかけてくれたのでだいぶ気が紛れました。

『今回は胚盤胞まで育てるけど、判定日は変わらないから年明けだね〜。お年玉になっちゃうな』と。


『お年玉かぁ。そうなったら嬉しいな〜』

なんて事を考えてるうちに採卵終了。


『出血もないし、沢山採れたし文句なし!』とお墨付きをいただき一安心。
ただ今回は終わってからしばらくはお腹が張って痛みがあったかな。歩くと響く的な。

リカバリ室で少し休んで先生のところへ。


『9個採れました。全部胚盤胞でも良いけど、一部途中で凍結しても良いと思うよ。』と言われたので先生にお任せする事に。

旦那さんの精子もいつも通り問題無いとのことでした。


個数は今までで一番多くてとりあえず良かったけど、明日の受精確認と、その後の分割が心配だなぁ。
無事胚盤胞に育ってくれると良いけど。


卵ちゃんがんばれ〜!