読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

0m16d 新生児期間も折り返し

12月14日に無事退院してそのまま実家へ!

 

無痛分娩だったので出産は想像以上に身体に負担がなく余裕があったものの、次の日から母子同室が始まり授乳がなかなかうまくいかなくててんやわんや!

乳頭が短めらしく赤ちゃんが吸い付きづらいみたいで無理やり吸わせるとフィットせず激痛!しまいには乳首が切れて出血(涙)

それでも吸わせないと母乳が出ないからと夜な夜な痛みを堪えて咥えさせる日々。

もちろん母乳だけでは足りずにミルクを足しながら…。

 

母乳測定では飲ませる前後の赤ちゃんの体重の変化が『0』という結果を何回も叩き出しとにかく落ち込みまくる。

出生時3,192gだった体重も退院の時は2,980gと減り幅が大きく助産師さんに『ミルクを多めに足してね』と言われまた落ち込む。

 

ホルモンバランスの乱れもありちょっとした一言で傷ついたり落ち込んだり時には涙したり、自分でもビックリ。

 

退院した日に実家近くの母乳外来に行きマッサージしてもらいました。

これがまた激痛!!私は出産よりも痛かった(汗)

 

でも先生から『あなたのおっぱいは出るおっぱいよ!』と言われ救われる。確かにマッサージしてもらってる際に母乳がぴゅーぴゅー飛び出す様に出ていて涙が出た!(激痛なのもあって)

 

でも実家なので洗濯は全部してくれるし美味しくて栄養のあるごはんは出てくるしでかなり快適に過ごせています。

旦那さんや家族や友達、とにかく周りの人がすごく優しくしてくれて、沢山助けてくれて感謝しかない。

 

夜なかなか寝ない時、なんで泣いてるかわからない時、途方にくれることもあるけど、やっと出会えた我が子は可愛くて愛おしくてたまらない。

時間はかかると思うけど少しずつ息子と私にとってのベストなやり方を見つけていこう!

 

心から世の中のお母さん達を尊敬する日々です。