読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

胎嚢確認

今日はついに杉山クリニックの産科初診。

生殖医療科は1階だったので、初めて足を踏み入れる2階。いつも入り口で右手のエレベーターに行く人を羨ましく思ってた。

2階へ行き、問診票記入し、番号が呼ばれるまで待機。

当たり前だけど、周りは妊婦さんばかり。お腹がすごく大きい人からまだお腹は目立たない人様々だけど、みんな妊婦さんなんだなぁとしみじみ。
生殖医療科はNGだったけど、小さいお子さん連れの方もチラホラ。同じ病院でも雰囲気はだいぶ違うんだなぁとキョロキョロしてしまった。

1時間くらいしてから呼ばれ、看護師さんからいくつか質問され診察室へ。
優しそうな男性の先生。

『最終生理からだと6w3dだけど排卵日からだと5w2dか。まだ、何も見えないかもね〜』と言われながら内診室へ通される。

ドキドキし過ぎて吐いてしまいそうだった。親友に書いてもらった赤富士を握りしめて内診台へ。

最初にオリモノチェック。『出血もなくて問題なし!』と。

いよいよエコー。

エコーが表示されてすぐに『お!見えるね。ばっちり。これで子宮外妊娠とかじゃなく正常な妊娠だと証明されました。卵巣の腫れもないし順調だよ』と。
身体の力が抜けて、泣きそうに。

その後、再度診察室で先生の話を聞きました。

大きさは9.4mm
5週程度の大きさなので今のところ問題なし。次回2週間後の診察で胎芽、心拍確認しましょうとのことでした。

前回5w2dで3.8mmでぼんやりしてた胎嚢が、今回はしっかりはっきり確認出来て本当に良かった…。

まだまだ心拍確認も出来てないし、安心は出来ないけど第一関門は突破かな。

どうかこのまますくすく育ってください!