読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

KLC3周期 判定日とその後

先週の土曜日はKLC初移殖の判定日。

数日前から生理がきそうな感じがあって、フライングするも真っ白の陰性だったので諦めモードで病院へ。

何となく1人で行きたくなくてお姉ちゃんに一緒にきてもらいました。

結果は想定通り陰性。HCG0。かすりもせず。


なんだか今回は今まで以上にへこみ、なかなかブログも更新できなかった。
数えてみるともう7回目の移殖。
4回目以降の体外受精は確率がぐっと下がるというネットの記事を見つけてはへこみ、抜けられない真っ暗なトンネルにいる感じ。

何とか前向きに気持ちをもっていこうとするも、なかなか立ち直れず。

なんで?どうして私だけ?の繰り返し。

KLCの判定日に、今回は薬や注射をしたから1回休みましょうと言われ、それすら勿体無くて躊躇してしまいました。
でも、旦那さんとも相談して今月はお休みして、ついでにポリープをとる手術を受けることに。ポリープが直接的原因かはわからないけど、1%でも着床ので妨げになっている可能性があるならとっておこうと。

手術をすると採卵は出来るけど、移殖は2ヶ月出来ない。また妊娠までの道が遠くなるけど、仕方ない。手術は来週。2泊3日の入院です。

そして、手術が終わったら杉山に行こうかと思っています。理由はPCOSの私には1、2個しかとれないKLCは合わないと思ったから。
注射や薬はKLCより多いけど、今の私の年齢なら耐えられるはず。
杉山では着床したこともあったので、杉山に戻ろうかなと考えています。

まだまだ気持ちの整理がついていないけど、少しずつ前に進んでいきたいと思います。