読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

KLC採卵周期③ 卵胞チェック

今日は予定通り排卵チェックでKLCへ。
7時過ぎに到着して受け付け番号は29番。
平日は大体これ位なのかな。

血液検査と内診をしました。内診で卵胞チェックと何かよくわからない検査?をしてグリグリされて痛かった、涙

そのあと診察室へ。
前回とまた違う先生だった。すごく物腰の柔らかい優しそうな先生。とりあえずまだ排卵は無さそうなので明後日チェックしに来てとのこと。
そして、初診でちらっと言われたポリープ。やはりあるとのことでした。

場所がはじの方なのですぐに取らなくても良いけど、着床の妨げになっている可能性もあるから近いうちには取った方が良いと。

今回も採卵だけして、凍結してからポリープ取っても良いけど、場所も場所だし今回は普通に戻しても良いかもだねとのことでした。
特に癌とかはではないけど、ハッキリ確認できたから間違いないと。

杉山では1回も言われなかったのにー。
もっと早く分かってればお休み期間にとることだって出来たはず。
そう思うとなんとも言えない複雑な気持ちになる。

手術はKLCではできないからほかの病院でして、手術したら2周期は移植は出来ないみたい。ただ採卵は出来るから採卵だけするのもありとの事。

悩ましいなぁ。風疹の抗体も少なめだからこの機会に両方やっつけても良いけど、間があくのは不安。
旦那さんとも相談して決めようかな。

29番だったわりには内診でかなり抜かされて今日は3時間以上かかりました。

何だか気が重いけどこれから会社行きます。

人生色々あるなぁ。