読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

ホルモン補充周期④ 判定日

今日は判定日。病院に行くのを迷うくらい、今回は妊娠していないことを確信してたから緊張もなく、淡々と先生の話を聞きました。

HCGは0.5未満。かすりもせず。

5回の移植も全部陰性。

本当にいつか妊娠出来るのかなぁ。

先生から勧められて「着床不全」の検査を受けることに。値段ははるけど、原因が分かれば対処は出来るとの事なので…。何もなければそれはそれでいいし。


凍結卵は残り1つ。こんなこと言いたくないけど、その1つで妊娠出来る気がしない。

最後の1つがダメだったら転院すること決めました。

転院先はKLCか宮崎産婦人科か鍼の先生に勧められた夢クリとで迷ってたけど、まずはKLCに行ってみようと思います。

他のところに行っても、『KLCならうまくいったかも』と思ってしまう気がして。

KLCの初診は毎月1日になったタイミングで翌月分の予約スタート。
2月1日0時になったタイミングでアクセスすると、どんどん埋まっていく。とりあえず何とか予約出来たけど、0時5分にはすべての枠が埋まっていた。すごいなぁ。

なんか先が見えない、暗闇にいる気分です。