読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

IVF3周期⑥ 胚盤胞移植

今日はいよいよ移植の日。

胚盤胞まで育っているかドキドキ…。

道が混んでいて少し遅れて到着。15時位の杉山産婦人科はこんなに空いてるんだ〜とびっくり。

すぐに診察室に呼ばれると、いつもの様に卵ちゃんの写真が置かれていました。

『2個は3日目の段階で凍結してあって、残り4つのうち1個は胚盤胞になったから今日移植するね。残り3つは明日までに胚盤胞になれば凍結します』と先生。


1個でも胚盤胞になってて良かった〜。

一応『残りの3つはどうですかね〜?』と聞くと『うーん。微妙だね』とだけ、笑。

ついつい欲が出てしまうけど1つあるだけ幸せだと思わないと!

いつも通り移植へ。移植は5分程度で終了。HCG注射を打って、ルトラールをもらい15分くらい休んで帰宅。

土曜日にもう1回HCGを打って、1月4日に判定です…。

ドキドキ期間の始まりですね。


あまり考え過ぎずのんびり過ごします!