読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

ホルモン周期② 判定日

先週金曜日は判定日でした。

判定日前のフライングで今回も厳しそうだなと思っていたのである程度覚悟を決めて病院へ。


結果は、陰性。


杉山では36歳以下の体外受精の成功確率は46%と記載されていたので、3回やれば成功するかな?と考えていたけど、甘かったみたい。


これで凍結胚もなくなり、今後どうするか考えた時、このまま続けてまた『採卵』からスタートはちょっとしんどかったので、勇気を出して年内は治療をお休みすることにしました。


これまで、『治療を休む=妊娠が遅れる』と思い込んでいて、どんなにきつくても治療を休むという選択肢が自分の中になかったけど、なんだか今回はもう少し自分の身体に優しくしてあげてもいいかなと自然に思えたので、治療を休むことに決めました。


11月には旦那さんやお友達家族とタヒチに旅行に行くことも決まり、リフレッシュしまくろうと思っています、笑。


そして、年明けから再開するのか、転院するのか、もう1度杉山で頑張るのかゆっくり決めていきます。


『何で私ばかりうまくいかないんだろう』って思うよりも、『今じゃないんだ、くるべき時にきっと来てくれる』と信じて今出来る努力をしていこうと思っています。


決めてしまえば、心が軽くなり、ポジティブに考えられることが増えてそれだけでも成長出来た様な気がしています。