読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

ホルモン周期 凍結胚移植 判定日

今日は判定日。

前日のフライングで、あまり反応が濃くなってなかったから、おそらく難しいだろうなと覚悟をしながら病院へ。


ホルモン周期は尿検査ではなく血液検査での判定。


日曜日ということもあり、かなり待ちました。



結果は、


『妊娠はした。でもホルモン値が低過ぎるので継続はしないでしょう。このまま普通に生理がくると思います。』


との事でした。

HCG2.5、確かにかなり低め。


化学流産というやつですね。


予想はしてたし、泣いたりはしなかったけど、やっぱりショックでした。


病院の後、高校時代の友達とご飯の約束だったんだけど、妊娠している子、赤ちゃんを連れてくる子がいた為、どうしても会う気になれずドタキャン。

自分の心の狭さが嫌になるけど、家に帰りたかった。


家に帰って、姉と旦那さんが優しく迎え入れてくれた。

少し仮眠をとって、起きたらだいぶスッキリした!


残念だし、悲しいけど、最初の時と比べたら大進歩。
久しぶりに陽性反応も見れたんだし。


一歩ずつ一歩ずつ前進している。


強くならなきゃ。


というわけで、今から美容院行ってきます!