読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

初めてのIVF⑥ 採卵

今日はいよいよ採卵Day

旦那さんに朝イチお願いしたけど、ちょっと体調あんま良くなさそうだから心配…。

病院までのタクシーもなかなか捕まらず、焦ったけど、何とか時間通りに到着!

すぐに診察があって、エコーチェック。
そこで先生から「座薬にする?」と聞かれ、考える暇なく「は、はい」と答えたら、看護師さんがすぐに座薬をしてくれました。
麻酔なしは不安だけど、耐えられる痛みか確認したいし、30,000円は大きいもんなー。痛みには強い方だから大丈夫!

そこから未知ゾーンの2階へ。
トイレに行って、ガウンに着替えて採卵室へ。

台にのって、股を開くも先生なかなか来ず。ちょっと不安な気持ちでとにかく待つ。

先生がやって来た。いつもの先生で安心。緊張してる私に気遣って沢山声をかけてくれました。

消毒していよいよ採卵。
ネットで見てた通り、生理痛の重い感じの痛さが何回かある感じで耐えられる範囲だった。時間にすると15分位かな。

終わって着替えて診察室へ。

先生から「3個採れました」と。

正直、え?それだけ。と思ってしまった。沢山さしている様に感じたんだけど、未成熟卵とかは除いてるのかなー。

ショックだったけど、まぁ仕方ない!

3個とも受精して欲しいなぁ。

初めての採卵は想定よりも簡単で痛みもそこそこでした。

お会計 378,000円