読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビ待ち働く私が妊娠するまで

2013年に自然妊娠後、心拍確認出来ず流産。その後、AIH、IVFと一通り不妊治療を行い2015年12月に妊娠するも6週で自然流産。流産後、まさかの自然妊娠。不妊治療〜妊婦の生活をつらつらと綴っています。

初めてのIVF

5/30にAIH3周期目がリセットし、5/31に杉山へ。

 

AIHが3回駄目だったら、IVFへステップアップしようと決めていた為

(主人も了承済み)意を決して臨みました。

 

土曜日という事もあり、病院はかなり混雑、、、

いつも通り先生を指名して1時間位待っていたら、スタッフの人が

「今N川先生はかなり混雑しているので、院長でもよろしければすぐに診察出来ますが

どうしますか?」と聞きに来ました。

 

ちょっと迷ったけど、今日はちゃんとIVFの事聞きたかったし、

院長とはいえ、何となく初めての先生だと不安だったので「待ちます」と伝えました。

 

2時間くらいたって、診察室に呼ばれ、リセットした事と、IVFに進みたい旨を

伝えました。

なんだか今日のN川先生お疲れなのかあまり機嫌が良くなく、「そうですか」と

言った後に、淡々とIVFのスケジュールを説明されました。

 

事前にネットで一応IVFの事を調べていて、ロング法、ショート法等があるって

わかっていたけど、どれにも当てはまらなそうだったので、

「これは何法になるんですか?」と質問すると、

「準自然法だよ。一番自然に近い形でやりましょう。○○さんの場合、

ロング法、ショート法をやると卵巣が腫れて大変な事になっちゃうから。」と。

(私はちょっと多嚢胞性卵巣症候群の傾向がある為)

 

「まず血液検査をして、その結果を明日電話で確認して、「予定通り」と

言われたら、明日の夜からセロフェン1錠5日間、2日、4日、6日に注射に来て。

次の診察は来週の7日土曜日。そこで採卵日を決めます」

との事。

 

思っていたより、注射の数が少なく、仕事への影響も少なそう!

(杉山は朝9時〜21時まで注射をしてくれる)

 

ちょっと安心して、血液検査をして終了。

 

お会計:12,800円